2007年08月22日

デッド・ゾーン #6.10 - Drift

シーズン6 第10話 「ドリフト」

久しぶりにブルースを訪ねたジョンは、恋人マリアを紹介される。マリアはドリフトという名の競走馬のトレーナーで、明日には大事なレースを迎えている。ブルースは、レースが終わったら結婚を申し込むとジョンに打ち明けた。だがジョンは今夜そのドリフトが何者かに襲われるヴィジョンを見てしまう...。

マリアを心配させぬよう、厩舎を見張っていたジョンとブルースだが、何者かに頭を殴られ、二人とも気を失ってしまった。二人が意識を取り戻したすとドリフトは無事だったが、代わりにマリアが誘拐されていた。そして、レースに勝つとマリアを殺すと脅迫電話がかかってきた。マリアの父でドリフトの騎手フランキーは、仕方なくわざと負けることにするのだが...。

一方、ジョニーの留守宅を休暇中のグレッグ・スティルソンが訪ねて来た。以前 約束した通り、JJを副大統領専用機エアフォース2に乗せてやると言うのだ。しかしJJは学校での研究発表があり、どうしてもスケジュールが合わない。するとスティルソンは予定を変更し、JJの友人としてその研究発表に出演してくれた。

そんなスティルソンに、ジョンの家を出ようと考えていること、ウォルトが調べられていることを相談するサラ。そして二人は徐々に親密になってゆくのだった...。

* * *

ウォルトが死に、ブルースは遠くに引越し、パーディーは行方不明?に。そして今度はサラまでが...。スティルソンとは、以前とは違う意味で対立関係になるのか? 段々と孤独になってゆくジョンが可哀相。なんか、原作や映画のような悲しい結末に向かって行ってるようなイヤな予感がする。

The Dead Zone - The Final Season [DVD]
The Dead Zone - The Final Season
※ アメリカ盤


posted by キント at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン6
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。